会員規約

2011年2月26日 (土)

会員規約

一般社団法人 日本キャンドル・ハンドクラフト協会 
会 員 規 約

第1章  総 則
(名称)
第1条 本協会は、一般社団法人日本キャンドル・ハンドクラフト協会(以下、
当協会)と称する。

(目的)
第2条 当協会は、キャンドル・ハンドクラフト作りの社会的認知の確立と技術向上
を図り、社会貢献が行える技術を持ったキャンドル・クラフトアーティストの育成と活動支援を行うことを目的とし、次の事業を行う。
(1) キャンドル・ハンドクラフトアーティストの資格認定および制度の
管理・企画・運営・広報活動
       (2)キャンドルスクール認定校の管理・支援
       (3)キャンドル・ハンドクラフトイベントの普及活動と支援
       (4)キャンドル・ハンドクラフトに関する情報、技術の提供
       (5)モリカラエコ活動(身近にある自然を認識し、そこに集まる人々の
          コミュニティーの軸となる活動)の実践
       (6)クラフト及びアートの普及啓発に取り組む国内外の団体等との相互
          交流、情報交換、相互支援等の活動
       (7)その他当協会の目的を達成するために必要な事業

(事務所の所在地)
第3条 当協会は、主たる事務所を千葉県柏市に置く。

(機関)
第4条 当協会は、当協会の機関として総会及び理事以外に理事会及び監事を
       置く。

第2章  会 員
(会員)
  第5条   当協会は、当協会の目的に賛同し、入会した者を会員とする。
        2.会員とは、当協会の目的に賛同、もしくは活動及び事業を推進する
会員をいう。
        3.サポーター会員とは、協会の目的に賛同し、物作りをこよなく愛し
当協会の活動をサポートする会員をいう。

        4.賛助会員とは、当協会の活動及び目的を理解し、賛同する個人及び
         団体をいう。
        5.名誉会員とは、当協会に功績のあった者又は学識経験者で理事会に
         おいて推薦された者をいう。

(入会)
  第6条   当協会に入会を希望する者は、所定の書類を代表理事に提出し、第8条に
定められた入会金及び年会費を納めるものとする。
2.記載事項に変更が生じた場合は、速やかに届け出なければならない。

(入会申込の拒絶)
  第7条   入会申込者が次の各項に該当する場合は、入会を認めない場合がある。
        (1)申込書に虚偽の事項を記載した場合
        (2)その他、協会が入会を適当でないと判断した場合

(入会金および会費)
  第8条   協会の入会金および会費は、次のとおりとする。
会   員      年会金     12,000円
サポーター会員          700円
賛 助 会 員 年会費 1口     5,000円
(3口以上またはそれに
相応する援助活動)
        2.会員の中途入会の場合は、入会に応じた年会費と手数料を入会時に
         入金する。
        3.振込口座は次のとおりとする。
           三菱東京UFJ銀行 代々木上原支店
           普通預金口座 0030439
           一般社団法人 日本キャンドル・ハンドクラフト協会
           代表理事 廣瀬 祐子
        4.納入された入会金及び会費は、返還しない。

(会員の特典)
  第9条   会員および賛助会員は次の特典を受けることができる。
        (1)無料で情報誌の提供を受けられる。
        (2)協会が主催する対象研修会に参加できる。
        (3)当協会に申請し、承認後、「日本キャンドル・ハンドクラフト協会」
の援護名義が使用できる。
(会員資格有効期間)
  第10条  会員および賛助会員は、入会が成立した日から、協会の事業年度末まで
とする。
        2.サポーター会員は、会費を納めた日から1年間とする。

(会員資格の喪失)
  第11条  会員が次に揚げる各項に該当した場合は、会員の資格を喪失する。
        (1)退会届の提出をした場合
        (2)会員である個人が死亡した場合、または法人が消滅した場合
        (3)会費を3年以上滞納した場合
        (4)除名された場合
        (5)協会が解散した場合

(除名)
  第12条  会員が次のいずれかに該当するに至ったときは、理事会の決議によって
        当該会員を除名することができる。
        (1)法令、定款および本規約、その他の協会規程に違反したとき
        (2)協会の名誉を傷つけ、または協会の目的に反する行為があったとき
        (3)その他会員として相応しくないとみとめられるとき

第3章  会 計
(会計年度)
  第13条  当協会の事業年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。

(運営経費)
  第14条  当協会は、会費及びその他の収入で運営する。

第4章  雑 則
(規約の変更)
第15条  協会は、会員の了承を得ることなく本規約を変更することがあり、会員
      はこれを承諾するものとする。なお、変更がなされた場合は協会ホーム
ページに掲載し、会員にその旨を通知するものとする。書面での提供を
希望する場合は、有料配付(500円)とする。

(登録情報、個人情報)
  第16条  会員の個人情報を含む登録情報については、本人の同意を得ずに第三者に
        開示しないものとする。
        2.賛助会員については、機関誌等に企業名、団体名を記載する。

(規定のない事項)
  第17条  本規約の定めのない事項で必要と判断される事項については、理事会の
        議決を経て定められるものとする。

(付則)
本規約は2010年8月1日より実施する。
本規約は2010年9月1日に一部改定する。

| コメント (0) | トラックバック (0)